2005年03月31日

カラス

田中「最近カラスが好きなんだよね。」

鈴木「へー、珍しいね。なんでまた?」

田中「わけもなく嫌われてるとことかがね。。」


ど、どうしたの?
posted by ひゅーま at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月30日

花粉

田中「くそ!」

鈴木「どうしたの、そんなに荒れて?」

田中「花粉に腹が立つんだよ!」

鈴木「あぁ、花粉症?」

田中「ちげーよ!」

鈴木「え?じゃあなんで?」

田中「だってお前考えてみろよ?花粉って杉の精子じゃん?それを毎日毎日人様に思う存分ぶっかけやがって!」

鈴木「確かにそう考えるとなんか嫌になってきた…」

田中「うらやましいじゃねーか!」


うらやましいのかよ…
posted by ひゅーま at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

ピザピザ書いてたらピザ食べたくなってきた…あれって夜中に注文できたんだっけか?いや、多分無理だろうし、それにそもそも金が…ピザピザピザピザ…

田中「ピザって10回言って。」

鈴木「ピザピザピザピザピザピザピザピザピザピザ。」

田中「お前がおれにおごってくれるのは?」

鈴木「いや、おごらないし…」

田中「な!?なんで引っかからないんだよ!」


いや、引っかからないだろう…
posted by ひゅーま at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

天才。え?リスクが大きすぎるって?バカやろー!これにはそんだけの価値があるんだよ!想像してみろ!イマジンだ、イマジン!考えるな!感じろ!

田中「やべー!おれ天才かもしんね!!」

鈴木「いきなりどうしたんだよ。」

田中「おれすげーことひらめいた!」

鈴木「どんなこと?」

田中「いやさ、おれメイド好きじゃん?」

鈴木「あぁ、らしいな。で?」

田中「で、おれの名前をご主人様に変えるじゃん?そしたら世界中の女の子がおれのことご主人様って呼んでくれるんだよ!?すごくね!?」


お前天才!
posted by ひゅーま at 04:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

とりあえず、あれだ。眠い。。

田中「ななちゃんっているだろ?」

鈴木「あぁ、痩せててちょっと性格がきつい子?」

田中「いや、前まではそうだったんだけどさ、最近はちょっと太って、性格も穏和になっていい感じなんだよね。」

鈴木「丸くなったんだろ。」
posted by ひゅーま at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

昨日のとセットだったり

田中「犬と猫どっちが好き?」

鈴木「う〜ん、犬かな。」

田中「だよな!だよな!!女王様に、この犬が!って言われたいよな!」


Sなの…?Mなの…?
posted by ひゅーま at 03:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

好きな理由

田中「豚丼ってあんまり評判よくないけどどう思う?」

鈴木「いや、おれはいいと思うよ。けっこーうまいs」

田中「だよな、だよな!この雌豚!って感じがいいよな!!」


どんな感じだよ…
てか、味の話じゃないのかよ…
posted by ひゅーま at 04:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

田中「ゴン!ゴン!ゴン!ゴン!」

鈴木「壁に頭打ちつけてどうしたの?きつつきの真似?」

田中「頭突き王に、俺はなる!」

鈴木「はあ?」

田中「男として生まれたからには何かで一番になりたいじゃん?だから、壁に頭を打ちつけまくって頭を鍛えまくって頭を硬くしまくって、頭突き王に、俺はなる!」

鈴木「いや、別に頭突きじゃなくてもよくない?そんだけの気合いがあれば他のでもうまくいくだろうし、それに頭突き王って聞いたことないし…」

田中「いいの!俺は頭突き王になるの!この星の一等賞になりたいの、頭突きで俺は!」

鈴木「頭固いな…」
posted by ひゅーま at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

脱ブルマ宣言或いはブルマ廃絶宣言。もうあれだ。ブルマネタは終わり。いやね、確かに始めた理由は自分もけっこー好きだったりしたからでしたけど、もういや!もうついてけない!田中さんもう本当勘弁してください…てなわけで終わり!いや、多分…

鈴木「てか、理想の相手とかいるの?」

田中「ブルマ。」

鈴木「…ブルマ?」

田中「そう、ブルマ。」

鈴木「あぁ、ドラゴンボールのキャラクターの?」

田中「いや。」

鈴木「…てことは、あのブルマ?」

田中「そう。あのブルマ。」

鈴木「でも、布だよ?」

田中「うん、でもブルマ。」


もうお前にはついてけねーよ…
posted by ひゅーま at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

最近毎日ブルマブルマ、来る日も来る日もブルマブルマ…もう一生分ブルマって言った気がする…いや、じゃあ言うなよって感じだけど田中が勝手に…ネタ考えるのが面倒だからって安易にブルマネタに逃げてるわけじゃないよ!?田中が勝手に言ってるだけだって!いや、マジで!

鈴木「お前はどんだけブルマが好きなの?」

田中「どんだけって言われてもなあ。。」

鈴木「うーんっと、あ、そうだ。例えばさ、この人が彼女だったらなあって思う人とかいる?」

田中「安田美沙子とかかな。」

鈴木「じゃあ、この人はちょっと…って人いる?」

田中「う〜ん、山田花子かな?」

鈴木「じゃあ、普通の服の安田美沙子とブルマの山田花子だったらどっち?」

田中「う〜ん…」


え!?悩むの!?
posted by ひゅーま at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

地味に何日か前の出会い話の続きだったりするんだけど誰も覚えてないだろうからあらすじ。田中は鈴木に出会いがないことを相談中。うん、本当これだけ。後、田中の相手に求める年齢のストライクゾーンは9〜52歳。なんだか数字がリアルな気がするのは気のせいだと思うよ。

鈴木「これだけは譲れないのとかある?」

田中「例えば?」

鈴木「かわいくなくちゃやだとか、優しくなくちゃやだとか。」

田中「あぁ、特にないね。」

鈴木「そっか。年齢も顔も性格もストライクゾーン広いのになんで出会いがないんだろうね。」

田中「本当だよ。ただブルマさえ着てくれれば俺はそれだけでいいのに。」


それだよ…
posted by ひゅーま at 05:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

ピーマン尻ってなんか本当にあるらしーですね。あるある大辞典でやってたとかなんとか。まあ、あれです。時間と質は比例するんちゃうかなあとか思う今日この頃(現在朝の5:30…)

鈴木「いや、それ果物違うから…だから、好きなのは?」

田中「ピーマン尻。」


もう果物ですらなくなってる…
posted by ひゅーま at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

果物?

鈴木「好きな果物とかある?」

田中「桃尻。」


いや、それ果物違うから…
posted by ひゅーま at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

超広角打法たる所以、或いはそれ故に

鈴木「そういや、お前はやれブルマだ、やれネコ耳だとか言う割には、巨乳が好きだとか微乳が好きだとか胸についてはあんまり言わないよな。」

田中「バカやろー!胸で女性を判断するなんて最低だろ!!だから、俺はどんな胸でもOKなのさ!!」


まあ、9歳〜52歳だしな…
posted by ひゅーま at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

夢の理由

鈴木「将来の夢とかある?」

田中「おれ教師になろうと思うんだよね。」

鈴木「お前のことだからどうせ女子高生目当てじゃないの?」

田中「は!?何言ってんだよ!そんなもんのために教師になるわけないだろ!!」

鈴木「あ、ごめん。。つい。。。」

田中「いや、わかってくれればいいんだよ。」

鈴木「じゃあ、何のためになるの?」

田中「もちろん女子小学生のために!」


ちょっと待て。

posted by ひゅーま at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月15日

超広角打法

鈴木「出会いがないってストライクゾーンが狭いんじゃないの?」

田中「ストライクゾーン?」

鈴木「ほら、あるじゃん?自分の恋愛対象になるのは何歳から何歳までとか。」

田中「あぁ、あれか。お前はどうなの?」

鈴木「俺?俺はあんま歳離れてないほうがいいから、17歳から21歳くらいかな?お前は?」

田中「9歳から52歳かな。」


広すぎないか…?
posted by ひゅーま at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

出会い

田中「素敵な出会いとか欲しいなあ。。」

鈴木「まあ、そんなにあるもんじゃないしね。」

田中「ちゃんと努力とかしてんのになあ。。。」

鈴木「努力?」

田中「毎朝パンをくわえながら学校に行ったりとか。」


多分それじゃ無理…
posted by ひゅーま at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

後の祭り

会話形式はさすがに無理でしたが、現代の人は親が自分たちと同じ世代のときの人と比べて心が荒んでいるかいないかという問題に対し、そもそも比較すること自体ひどく無意味なことに思われてならないなどと、なぜか問題に対して逆ギレし、問題を根本から全否定するという、今までの小論文の概念を覆す新しいスタイルを確立できたと思います。やったどー!
うん、入試でまでボケる必要なんてないよね。。
posted by ひゅーま at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月12日

本当今更だけど何やってんだろう、おれ、、

明日は後期試験らしいです。
前期試験後の日記

>後期は小論文なんですが自分は小論文というのを一度もやったことがなく、今更参考書買っ>て勉強するのもだるいんで、今日から以前のように毎日日記書いてそんな感じのを出そうか>なあって思ってます。

実際に書いた日記


今までの小論文の概念を根本から覆す会話形式というスタイルでブルマについて熱く語ってこようと思います。。
posted by ひゅーま at 01:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。