2005年03月07日

やっぱり…

田中「あ、妊婦さんだ!」

鈴木「あ、本当だ。妊婦って大変そうだよな。」

田中「本当そう思うよ。あんまり激しくしちゃいけないんだもんなあ。」


やっぱりそっちか…
posted by ひゅーま at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

野菜

田中「好きな野菜って何?」

鈴木「うーん、ゴーヤかな?」

田中「おぉ!オーソドックスなきゅうりやにんじんや、中級者向けのナスではなく、あの太さの上に更にいぼいぼつきのゴーヤとは…お前には負けたよ…」


え…?
何の話…?
posted by ひゅーま at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

鈴木「あ!流れ星だ!」

田中「マジで!?ブルマ!ブルマ!ブルマ!!」


ブルマ…?
posted by ひゅーま at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

おかず

田中「昨日のおかず何?」

鈴木「魚だったかな。」

田中「マジで!?そんなんで大丈夫なの!?」

鈴木「いや、普通じゃないの?」

田中「マジで…?」

鈴木「じゃあ、お前は昨日のおかずは何だったの?」

田中「濡れ濡れ女子高生。」


そっちのおかずか。
posted by ひゅーま at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

常識?

田中「好きな耳って何?」

鈴木「耳?耳って?」

田中「耳って言ったらネコ耳とかうさぎ耳とかに決まってんだろ。常識じゃん。」


常識…なの?
posted by ひゅーま at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

そっち…?

鈴木「何フェチとかある?」

田中「うーん、やっぱりおれは胸かな。」

鈴木「あ、お前も?おれも胸フェチなんだよ。胸はたまんないよなー。」

田中「いやー、本当たまんないよなー。あの隆々とした筋肉は。」


えっ…?
posted by ひゅーま at 03:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

鈴木「ありがとう。本当、恩にきるよ。」

田中「うん、恩売ってるからね。」


えっ…
posted by ひゅーま at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月28日

臭い?

鈴木「ねー、おれって臭い?」

田中「なんで?」

鈴木「いや、みんな鼻つまんだり、嫌な顔したりするんだよね。。」

田中「あー、それは臭いんじゃないよ。」

鈴木「え!?マジで!?よかったー。でも、じゃあなんで?」

田中「鼻つまみものってことだろ。」

鈴木「え…。」
posted by ひゅーま at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月27日

芽生え

今日本屋で立ち読みしてましたら、小3くらいの女の子が「あ、コロコロあったー。」って雑誌のところに駆け寄ってきまして。
コロコロはまだ小学生に人気あるんだなあってほのぼの見てたらコロコロあったことに満足したのか、蒼天航路を指差して「変な絵ー。」とか、ビッグコミックを指指して「変な猫ー。」とか、ボキャブラリーは少ないながらも、コロコロの周りの週刊漫画誌に突っ込んだりしだしまして。
まあそれもほのぼの見てたらそれにも飽きたのか、今度はコロコロの周りの雑誌を読み始めたんですが取ったものががまずかった。小3がヤングアニマルって。。。
案の定女の子が開いてみた途端に大人の絡み。女の子は両手でパシッ!って閉じて顔を真っ赤にしてどっかに走っていきました。
まあ、それもまたほのぼの見ておりまして、かわいいなあとか思ってまた自分の読んでた雑誌に目をやり立ち読みを続けてました所、数分後にまたその女の子が戻ってきたんですね。
あ、コロコロ取りにきたんかなあって思いまた見てみたら、周りに目をやり、すげーこそこそしながらヤングアニマルをそろーっと見出したんですね。
でもまあ、好きな漫画がったのかなとか思いつつ見ていたら大人の絡みのシーンで止まった後数分凝視。その後、違う漫画の大人の絡みのシーンで止まった後数分凝視。その後、違う漫画の大人の絡みのシーンで(以下略
うん、小3にしてエロエロですわー。

女の子のが芽生えが早いってのは本当のようで。。
posted by ひゅーま at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

どーも

どーも。おかげさまで前期試験も終わりました、ひゅーまです。
試験はどーだった?と聞かれると女子高生と同じ空気を吸えてよかったくらいしか言えないんで、察してください。
てなわけで、多分後期も受けることになると思うんですけど、後期は小論文なんですが自分は小論文というのを一度もやったことがなく、今更参考書買って勉強するのもだるいんで、今日から以前のように毎日日記書いてそんな感じのを出そうかなあって思ってます。
もう諦めてんだろ?ってツッコミは却下です。

てなわけで、質はどうあれ明日から毎日日記更新していきますんで宜しくお願いします。
途絶えたときは死んだときと思ってください。いや、冗談でもなんでもなく、大学に合格する確率より親に勘当される確率のが高いからね。いや、マジで…


つーわけで、崖っぷち日記でもお楽しみください。
posted by ひゅーま at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

バレンタインデー

もらえなかったんじゃない!
もらわなかったんだ!!

by 昨日のサザエさんでの波平の言葉



もらえなかったんじゃない!
もらわかなかったんだ!!

もらえなかったんじゃない。
もらわかなかったんだ!

もらえなかったんじゃない
もらわかなかったんだ。

もらえなかったんじゃない…
もらわかなかったんだ

もらえなかったんじゃ…



posted by ひゅーま at 01:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月06日

もえたん

萌え単の例文に採用、投稿者プレゼントをもらえるというメールを受け取ってから早2ヶ月。




やっと来ました!





そりゃこんだけ待たされりゃフォントも弄っちゃいますって。

てなわけで、一つづつ紹介していきます。
まずは封筒。
huto.bmp

確かに、後日メールで萌え単とかはわからないように普通の封筒で送ります。とあった通り封筒に入ってますが、三才ブックス、ラジオライフ、ゲームラボとでかでかと書いてある時点で普通の封筒じゃない不思議。朝っぱらから親に白い目で見られたことは内緒です。


次は同封されていた文書。
kami2.jpg

最終選考まで残った特製ブックカバーらしいです。


で、これがそのブックカバー。
siro2.jpg


もう一個。
aka.jpg


後、なんかよくわかんないのも一個。
check.jpg


で、全部。
ze.jpg

上から封筒、紙、赤、白、チェックシート(調べてみたらそうらしいです。)の3点セットでした。
文章を見てお気づきになるかもしれませんが、自分はこういったものに疎く、全くと言っていいほど興味がありません。
えーっと、どうしましょ。。


追記:
今これ書いてるときに、親が部屋に入ってきて、しまうのを忘れたブックカバーを見てから(今までにないくらい目を見開いてました…)、なんだか態度がすごいよそよそしいんですけど。。
本当どうしましょ。。。
posted by ひゅーま at 15:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グルメ

すくすく赤ちゃんという育児番組がやっていたので見ていたら、赤ちゃんの母乳の飲み方のタイプについて語られていました。なんでも大きく分けると5つほどタイプがあるそうです。

カマス・・・吸い付いたら話さない。
気難し屋・・・吸いついたり放したりしてでうまく飲めないタイプ。
後回し・・「別に飲みたくないよ」という様子を見せるタイプ。
のんびり・・・寝たり吸ったりなかなかのまない。
グルメ・・・飲むまでに、乳首を舐めたり引っ張ったり舌なめずりしたりで味わって楽しむタイプ。


グルメって。。。
posted by ひゅーま at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月21日

メール恐怖症

大きな夢は隠居すること。小さな夢は新しいパソコンを買うことと、何かとお金が欲しいんですが、いかんせんバイトをしたことがない上、これからもバイトする気がないのでお金が貯まらない。でも、お金は欲しい。
というわけで、懸賞サイトにやたら登録したりしてます。いやね、当たるわけねーとは思ってるんですが、人間、特に自分みたいなお先真っ暗な人間には特に、夢がないと生きていけないのでやたらと登録してます。
で、先日のこと、とある懸賞サイトから当選しました!とのメールが。え!マジで!?とか思ってURLをクリックすると、なぜか出会い系ライクなサイトが。赤やらピンク基調で出会い系っぽい名前がついてるサイトなんだけど、下の方に当選者はこちらとか書いてある。疑いつつも押してみると名前と住所と携帯番号と性格とアピールポイントを入力しろとのこと。懸賞に当たったとしたら名前と住所と携帯番号まではまだわかりますけど、性格とアピールポイントって。。
かなりの確率で出会い系サイトだとは思ってたんですが、一応当選しました!ってメールが来てるわけだから登録後に何かあるのかも!と超絶ポジティブシンキングで登録してみたところ何にもありませんでした。
正確に言うと、その出会い系で使えるポイントが当たりましたよ!ってな体でした。なんだよ、詐欺じゃねーかよ。とか思ってたら早速メールが来まして無闇やたらと積極的なお誘いのメール。
こう言っちゃなんなんですが、出会い系サクラのバイトの人の話知ってるし、出会い系サイト側の話も知ってるんで、多分普通の人よりは出会い系とかについて知ってるかと思うんですよ。とりあえず、ポイントを買わなきゃ大丈夫ってことで、偽名使ってるし、折角だから貰ったポイントは使っておこうということで、そのメールを見てみることに。
すると、何やら写メつきとのことで見てみるとかなりかわいい。思わず画像を保存しちゃうくらいに。てか、した。どうせメールやってるのはサクラの男だろうから、メールする気は起こらないし、今みたいなかわいい子の写メ見てポイント使おうってなことを考えながら、その画像を見ながらにやにやしてると、早くも次の人からメールが。
またかわいい人かな、ぐへへへへ、と期待しまくりで見てみると、えも言われぬようなすごい顔。いやいや、出会い系で男騙すのにそれはねーだろとか思って、ポイント余ってるし、偽名だし、偽番号だし、偽住所だしってことで、強気になってたのか、
「顔きつっ!(笑)いくらなんでもそれはねーだろ(笑)」
と思ったままに返信。
で、返信してるその間にも違う人からバンバンメールが来てたんですが、それを見てみたところ何やら様子がおかしい。普通出会い系はポイントを買わせて商売するのでメールは思わせぶり、かつ、遠回りなメールが多いはずなんですが、この出会い系は全然違くて、半端なく積極的。tsutaya何店にいますとか、何々駅前のラブホテルにいますとかで、今から会いましょうという出会い系のセオリーを全く無視した展開。
え!?ポイント使わせなくていいの!?てか、それじゃあ何で儲けるの!?とか考えてみたところ結論は一つ。美人局ですか。。
美人局とは女の子と会うと、すぐさまやくざな人登場。おい、俺の女に何してるんじゃ!?と金を巻き上げる。まあ、そーゆー感じのことで、要はバックにってかフロントにやくざ屋さんがいたりします。しかも、まず女の子に会うってことは、しかも写メ送ってるってことは、メールも男のサクラじゃなくて本人がやってるってことじゃ…
えっ…てことは、さっきの調子乗ったメールは…よくよく考えたらアドレスはバレてるんだよね…
とびびりまくってるとさっきの子からメールの返信!うん、ぶち切れてました。。
その後、ポイントが切れたにも関わらず毎日10通以上のぶち切れメールが届いてます。。。
posted by ひゅーま at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月12日

ろくに勉強もせずにかメ人間の過去ログばっか見てるからそんなテイスト

青パック(注1)を開くと去年に引き続き秋山仁が100万ドルの笑顔でこちらを見ていたので爆発した。 いや、別にお前の眼鏡が悪いわけでも、白髪のロンゲが悪いわけでも、その趣味の悪いバンダナが悪いわけでもない。じゃあ、何が悪いのか。それはお前が数学の教師であり、そして裏表紙に書いてある与太話が悪いのだ。
そこには昔、大仁多厚に数学を教えたことが書かれていた。数学どころか小5レベルの算数しかできない大仁多厚が、秋山仁のもとで2、3日特訓したらセンター数学6割レベルまでになったとのこと。じゃあ何か?センター数学4割の俺は死ねということか。だが、俺は死なない。なぜなら俺はロックだからだ。
rock is dead?ふざけるな、俺はまだ死んじゃいない。俺が生きている限りロックは死なない。俺がロックでロックが俺で。そう、あれは暗い洞窟の中でのことだった。光る何かを見つけた俺は走り出した。それに夢中になり必死に駆けた。だから、曲がり角から走ってくるあいつに気付かず、思いっきり衝突した。
次の瞬間世界が変わった。いつもの四つん這いの世界から二足歩行の世界へと。次の瞬間、俺はさっきまで俺だったキラーパンサーが青い髪の女(注2)に引きずられていくのを見た。(女は人生を二度生きる。結婚前と結婚後だ。)
そう、その後生まれ変わった俺は宝探しに戻った。なぜなら俺は世界一のトレジャーハンターだからだ。
って、そっちのロックかいー!

違う。お前は根本的に違う。ナイナイとポストナイナイとか言われてはいるが、なかなか売れずに苦しんでいるキングコングくらい違う。どこが違うか。ネタか、テンポか、存在感か。それもあるかもしれないが、一番違うのは愛だ。 お前や西野は愛が足りない。矢部のように愛を持ってつっこめ。最愛の人につっこむようにつっこめ。(ダブルミーニング
愛があれば世界も変わる。何?何も変わらなかったじゃないか?違う。お前らはジョンから何を学んだんだ。 愛で世界を変えられる。自身がそう信じなければ何を変えれるだろうか、いや、何も変えられはしない。我々がジョンを殺したのだ!お前たちと俺が!我々はみんなジョンの殺害者だ!まず、お前らは神を殺した。 そして、次に同じようにジョンを殺した。
だから、ここらで終わりにしよう。ジョンの信じた愛とやらで。
そう、愛があれば Love is OK!!
って、そっちの愛かいー!


話がそれた。20行位それたので話を戻す。要は小5レベルの大仁多厚が3日勉強してセンター数学6割レベルに対して、なぜ俺は1年近くやってセンター数学4割なのかということだ。これはどう考えても某局の陰謀以外考えられない。
俺はロックだ。 ロックは常に反体制だ。ということは俺は体制側からした危険極まりない。だから俺は常に某局から狙われている。俺は狙われてる命を守るために家に引き篭もる。引き篭もるのには理由があった。
だが、悪いことばっかではない。いつの世も求める青い鳥は近くにいるもんだ。だから、俺は答えを求めた。 大仁多にあって、俺にはない何かを。具体的に言うと参考書やら模試の点数やらノートを見た。
答えはすぐに見つかった。


注3





小1レベルだったからでした、、、






注1:青パック 河合塾の出しているセンター試験の模擬テストセットのようなものの通称。

注2:この文章を書いたときはげれげれというHNだったので突如キラーパンサーやらフローラが出てきたりします。いや、直せよ。ってな感じですが面倒だったので注釈ですましちゃった、てへ♪

注3:前のネタじゃん。ってな感じですが、知り合いに聞いたら意味わかんないとか言われたので補足的意味合いでまた使いました。ただ単に手抜きだろって?だってネタがないんだもん、てへ♪
posted by ひゅーま at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月05日

2004年12月31日

喪失

はじめは屁だと思った。そしていつものように少し力を入れ、括約筋をしめる。
そこまでは今までと同じだった。何回、何十回、何百回と、今まで無意識に行ってきたことと。
しかし、今回は違った。

ぷり。

固まる僕。テレビから無責任に流れる笑い声。尻に感じる生暖かい何か。
そして何かを失った。(おそらく人として大事な何かを。)



大晦日にうんこを漏らすようなサイトですが、来年もよろしくです。(言い訳になるかわかりませんが未遂です!)
posted by ひゅーま at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月24日

クリスマス

クリスマス 今年も一人で 明石家サンタ。。。
posted by ひゅーま at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月23日

時間

時間というのは偉大なもので、重大な問題を解決したり、強大な力を持つものをも滅ぼしたり、中学時代おとなしかった子を、たかだか3、4年で辮髪にしたりなどします。
その中でも一番素晴らしいのは、時が癒せぬものはない、とまで言われるほどの、時の癒す力ではないでしょうか。もっとも、この言い方は比喩的なもので、正確には時が忘れさせてくれるといったところでしょう。
というのも、人間の脳というのは基本的に忘れるようにできています。視覚や聴覚、嗅覚、触覚、味覚などの感覚器官から得た外部からの様々な情報は、まず海馬というところへ送られます。そこで、その情報が必要なものか不必要なものかが選別され、必要なものとされて、はじめて記憶として保存されます。
なぜそんなことをするかというと、もし仮に情報を選別せずに全ての情報を脳に送ったならば脳は5分でパンクしてしまうので、このように海馬によって情報の選別を行わねばならず、それ故人間の脳は忘れるようにできているというわけです。
ですから、とても辛い出来事があり悲しみに明け暮れることがあったとしても、時が経つことにより脳が様々な情報に晒され、様々な情報を選別、記憶することなどによって、当時感じた悲しみの情報が薄れ、癒されるということに繋がるわけです。
長い時間を経て、多くの情報を処理するうちに当初の悲しみが薄れるということは、時による癒しを求めたいときには意図的に情報過多の状態を作り出すことによって、その悲しみを癒す効果をより早く求められるのではないでしょうか!?

てなわけで、先日スクラン燃えつき症候群(スクールランブルという漫画の新巻を読んで次の巻が待ち遠しくて廃人に至る病)で廃人になっちゃったので、意図的に情報過多の状態を作り出すことにしました。
といっても、ネットは繋がらないんでどうしようかなあとか思ってたんですが、以前知人が、彼氏彼女の事情っていう漫画が面白いよ、とか言ってたのを思い出したので、同じ情報でも似たような媒体の情報の方が効果が高いのではと思ったので、近くのブックオフに行ったり、コンビニ行ったりで全巻読みました!そして、大分治りました!

やべー、おれすげー発見したんじゃね!?とか浮かれてたんですが、発想はともかく漫画で受けたショックを漫画で治すとかの時点で人としてだめだめなことに気付きました。。。
後、どうしてブックオフの少女漫画のコーナーはあんなに男子禁制の感があるんでしょうか。。。
posted by ひゅーま at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月22日

やっぱおっさんはすごい

3週間ほど前のボツネタに書いたハゲのトナカイのおっさん(おそらく店長)が見たいがために、わけあって大学へ行かなきゃならない月曜日は、毎週欠かさずにそこへ通ってます。
でも、今週の水曜日から冬休みの上、金曜日にはクリスマスなので、多分トナカイコスプレしてるのも今週までなので、多分ここに来るのは今回で最後だろうなあ、とかしみじみ思いながら行ってみたところ、先週までなかったサンタのディスプレイみたいなんがありました。
自分は目が悪く、遠くからではよく見えかったので、近くに行って見てみたところ、なんだかダッチワイフみたいな顔したマネキンに、ところどころ刺繍が入った赤い布地の裾に、白いふわふわがついたサンタ風のチャイナドレスを着せて、胸にそのマネキンの頭くらいの大きさの何かをつめて爆乳とかを超えてエイケン(叶姉妹の胸が可愛く思えてしまうくらいのすごい漫画)ばりの奇乳にして、クリスマスムードを盛り上げるどころか、そこだけ奇妙極まりない空間を作り出す不気味なオブジェに仕上がってました。
うん、多分ハゲのトナカイのおっさん(おそらく店長)の趣味。

多分来年も通います。


もうちょいまともなぺースで更新したり、"もし"クリスマスに一人だったら("もし"ですよ!)連続更新してみようかなあとか思ってたんですが、部屋のパソコンが、こんな妄想してらんないくらい、ふつーに壊れちゃったっぽいんで、無理っぽいです。
え?どうせクリスマスも無理っぽいんだろって?それは大丈夫ですよ。
だってクリスマスまで後二日"も"あるんですから。
posted by ひゅーま at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。